魚座




2017年の運勢

 2017年のあなたの運勢は、前半と後半で大きく変化します。
 9月上旬までのあなたは、あまりおもて立って目立ったことをするのが好きではないようです。むしろ、背後にまわって一歩さがった立場で全体の流れを見きわめようとするスタンス。
 こんな時だけに、表舞台に立って華やかな役割を演じる機会も少なくなりますが、重要な助っ人や時に影の黒幕的な役割を演じることはいくどかあることでしょう。
 それだけに、周囲の人たちにとっては、あなたは地味ながら頼もしい存在です。会社やチーム、家族の間では頼みの綱。あなたに頼めばなんとかなりそう、と考える人もきっと多いことでしょう。
 ことにお金の管理や財産の運用で、たびたび相談を受けるかもしれません。
 ただそんな時だけに、おだてられ利用されることも。ピンチの時だけ駆り出され、成果の期待できない地味な役割を押しつけられたり、家族から厄介ごとが持ち込まれたり、といったことも起こりったやすくなります。
 そんな時、あなたにはきっと不満も残るかもしれません。また、無駄なことばかりやっているのではないか、回り道ばかりしていて、やりたいことからどんどん離れていくのではないか、などと心を悩ませるのです。
 さて、年後半は運気の流れが大きく変わります。この時期のあなたは、いろいろな意味できわ立った人です。自分のやり方やライフスタイルがとてもはっきりしていて、どうしたら自分の考え方を貫いていけるのかをとてもはっきり意識しているのです。


さらに詳しい年運(恋愛運付)は、有料サイトでお楽しみください。


「魚座生まれって、どんな人?」

 とても感受性豊かで、他人の考えや感情に影響をされやすい人たちです。
 この座の人たちは、無意識のうちに彼らの周囲の人の考え方や感じ方を吸収しています。
 自分自身にも、したいことはあるのですか、残念ながら強い意志力がありません。そのため、すぐに外的な要因に影響さてしまいます。彼らはまず自立を学び、未知なるものにしっかりと目を向けなければなりません。
 魚座は、勝手に動き回る二匹の魚をシンボルとしています。このように、この座の人々は心がつねに分裂状態で、とても迷いやすく、なかなか自分で物事を決めることができません。
 魚座の人たちは、いつも疲れた感じで、激しく動き合ったり、スポ−ツをしたりすることから遠ざかっています。また闘争心も薄く、思考でも行動でも決断がつきません。
 魚座の人たちはは闘って敗れるというよりも、ただ受身で被害を被る立場になる場合が多いようです。
 忍耐心がなくなると、この人たちはひどく取り乱し、心を鎮めることができません。そうなると、誰のいうことも聴きませんし、誰もこの人たちを説得することができません。
 この座の人たちの性質は、極端な楽天性と悲観性に分かれます。基本的に精神的、物質的な世界に没頭している人達に当惑し、どうもそれほど毎日の生活に我を忘れることが理解できません。
 魚座の人は、一般にお金もうけにも立身出世にも野心がないようですが、若い時期には彼らの目標が物質的なものであるかと思われる時期があります。
 というのも、自分の人生を平和で豊かなものにするため、物質的な一面がとても大切な要素となることを本能的に感じとっているからです。
 魚座の人は、夢の世界に取り囲まれ、自分というものを忘れている時がいちばん幸せのようです。
 こうした傾向がコントロ−ルされ、しっかりした方向を与えられると、彼らはとてもドラマチィックな表現力をもつことになります。
 この座の人たちが、画家、詩人、音楽家、彫刻家などと成った場合です。
 多くの優れた舞踏家は魚座ですし、魚座にとって、音楽は空気のような存在です。
 確かに彼らには想像力がたくましすぎる欠点もあります。困った生活に、鋭い感受性を発揮し、また何気ない言葉や行動がずっといた魂結果についても考えます。
 人間が人と共存することによって、いやおうなく傷つけ合う様々なことに、とても鋭敏な感受性を示します。また病気についても強い関心を抱いています。
 魚座生まれは、彼らの能力や時間などお構いなしに、病人や立場の弱い人々の救済のために向かいます。
 魚座の人達は一般的に、利己的なところがなく、愛すべき人々で、自分の周囲の人々のために、献身するばかりを考えているのです。